Event is FINISHED

サイバーミステリの楽しみ 第一回

Description
我々の生活はインターネットやパソコン、スマホなしでは成り立たなくなりました。サイバー空間を舞台にした犯罪も増加の一途です。
これまでのミステリとサイバーミステリでは、決定的に違う点がたくさんあります。例えば、リアルの物体なら指紋や製品番号で特定できますが、デジタルデータは特定できません。同じデータが複数あったら区別することは不可能です。証拠という概念が根底から覆ります。
サイバー空間においては匿名性が高まることにおり、他人が誰であるかを判別するのが難しくなります。
探偵と犯人は、サイバー空間の新しいルールでパズルを争うことになります。今回は新しいルールをご紹介し、どのように作中で使われたのかを解説します。

1.サイバーミステリの特徴のひとつである『サイバー空間におけるデータ同定問題』の紹介 一田和樹
2.我が国におけるサイバーミステリの現状についての解説 遊井かなめ
3.『個人情報ロンダリングツール=パスワードリスト攻撃シミュレータの罠
 工藤伸治の事件簿番外編』におけるサイバーミステリならではのトリック解説 対談 遊井かなめ&一田和樹

なお、『個人情報ロンダリングツール=パスワードリスト攻撃シミュレータの罠 工藤伸治の事件簿番外編』を事前に読むことを推奨いたします。セミナーでは、この小説のネタバレがあります。


参考URL
『サイバー空間におけるデータ同定問題』
『工藤伸治のセキュリティ事件簿 エリカとマギー』
『オーブンレンジは振り向かない』
『個人情報ロンダリングツール=パスワードリスト攻撃シミュレータの罠 工藤伸治の事件簿番外編』

講師 遊井かなめ http://ue-kaname.hateblo.jp/
   一田和樹 http://www.ichida-kazuki.com/


Event Timeline
Mon Sep 29, 2014
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
技術評論社セミナールーム
Tickets
早割一般(9月24日まで) ¥1,000
一般 ¥2,000
学生 ¥1,000
Venue Address
東京都新宿区市谷左内町21-13 技術評論社セミナールーム Japan
Organizer
一田和樹
19 Followers